So-net無料ブログ作成

ファンクションキーの各種機能について

◆ファンクションキーの各種機能について

ショートカットキー 操作内容
F1起動しているソフトウェアのヘルプが起動されます。
F2ファイルや、フォルダ等をクリックして F2キーを押下すると、
名前の変更をすることができます。
F3デスクトップ上や、ブラウザ(ホームページを見るときに使用するソフト)で、
F3キーを押下すると、ファイルやフォルダの検索をしたり、
HP上の文字を検索したりします。
F4フォルダを開いた時にF4キーを押下すると、
アドレスバーが表示されます。
F5フォルダを開いた時やブラウザを開いた時に、
データの更新がされます。
F6ブラウザ上でF6キーを押下しますと
項目の切り替えが行われます。
F7文字入力をしていて、未確定の状態でF7キーを押下すると、
全角カタカナに変換されます。
F8文字入力をしていて、未確定の状態でF8キーを押下すると、
半角カタカナに変換されます。
F9文字入力をしていて、未確定の状態でF9キーを押下すると、
全角英数字に変換されます。
F10文字入力をしていて、未確定の状態でF10キーを押下すると、
半角英数字に変換されます。
F11ブラウザ上でF11キーを押下すると、 全画面表示がされます。
F12ExcelやWordを起動して、F12キーを押下すると、
「名前を付けて保存」をすることができます。


各種機能についての詳細は、
下記にてお話しております。

・キーボード~ファンクションキー「F6」キーから「F12」キーまでの7つの機能について


◆キーボードの各種機能について

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。