So-net無料ブログ作成

CD-ROMについて簡単に書いてみました。

本日は、CDについてお話しようと思います。

CDとは、「Compact Disc」の略です。

CDが発売される前には、黒い大きな円盤のレコード盤でした。

このレコード盤の次に開発されたのがこのCDです。

レコード盤の時は、アナログでしたが、

CDに変わることにより、デジタル化になりました。

簡単にアナログとデジタルのことをいいますと、

アナログとは、例えば秒針のついた時計や、
単行本(実際に手にとって読むことができもの)ですね。

デジタルは、秒針ではなくDVDレコーダーなどに表示されている時計や、
単行本ではなく、デジタル化されたデータ(JPEGなど)で、
本を読むことができるようになりました。

CDには、色々な種類があります。

CD-ROM

CD-R

CD-RW

です。

CD-ROMとは、工場での生産時にデータを書き込まれた状態で出荷されるので、
再生専用のメディアとなります。

再生(読み出し)専用のメディアなので、

データを新たに追記(書き込み)したり、
消去したりすることができません。

CD-ROMで主に使用されているのは、

音楽

PCソフトなどのアプリケーションソフト(Microsoft OfficeのWordやExcelなど)

ゲーム

など

ただ、最近データ容量がたくさん必要なものが増えてきていますので、

CD-ROM以外のメディアで、発売されたりしています。

CD-ROMの容量は「650MB」です。

中には、容量が「700MB」のものがあるかもしれませんが。

それ以上のデータが必要あれば、CD-ROM以外のメディアが使用されますね。

本日は、CD-ROMについてお話しました。
タグ:CD-ROM
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。